【菊花賞】美浦レポート タイトルホルダー [News]
2021/10/20(水) 17:08
24日(日)阪神競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走予定のタイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

タイトルホルダーについて栗田徹調教師

(前走について)
「調子もよく期待していましたが、結果を出すことができず残念に思っています。ジョッキーは次のレースに向けてということで折り合いに専念しようと考えてくれていたようですが、厳しい展開になってしまい、直線も行くところがなく、最後は流すような形でした。いい意味で、折り合いに専念できたかなと前向きにとらえています」

(その前走が春以来のレース。成長したところは)
「気性的にも馬体的にも成長が感じられましたし、本番に向けていいレースができればと思っていたのですが。馬は無事に帰ってきていますし、菊花賞に向けてはいいコンディションです」

(中間の調整は)
「レース中にぶつけられたところもあったので、前走後は1週間程度よく確認して、気持ちや体のコンディションチェックをしました。次の週から軽く乗り出し、その翌週からは時計を出して、先週はある程度目一杯に追い切りをするということで長目から追い切りました。ウッドでいい時計が出ていますし、その後もいいコンディションでいます」

(今朝の最終追い切りは坂路で。狙いについて)
「先週、折り合いの確認や気持ちの面の確認を終え、ある程度いいところまで来たという判断で、今週は輸送も控えていますので、あまりやりすぎずに。坂路で前の馬に併せて抜かないようにという指示でした。ジョッキーも『いい感触だった』ということでした。折り合いもよく、馬なりでしたが弾むようなフットワークで、いい内容だったと思います」

(前走を使っての上積みは)
「フットワークは弾みが増したように思いますし、気持ちの面も我慢がきいている印象があります。心身ともバランスが整っているようです」

(3000メートルの距離について)
「条件はどの馬も一緒だと思います。折り合いに専念して、3000メートルをきっちり最後まで走り抜けられれば。先行力もありますので、舞台は合っていると思います」

(初めてとなる長距離輸送について)
「その点を考慮して、今週の調教をやりすぎないようにし、体もある程度余裕をもって作ってきました。早めに入厩しようと考えていますので、なんとかクリアしてほしいです」

(タイトルホルダーの心肺機能、持久力の高さについて)
「デビュー当初から心肺機能の高さが見受けられました。馬体からは距離がどうかというところも見られましたが、レースを使うにつれてそのあたりの不安も解消され、前走でもクリアな競馬ならもっとやれていたのではないかという思いもあります。今回は3000メートルになりますが、気性もいいのでそのあたりでカバーしてくれればと思います」

(レースの形については)
「持ち味を生かすには、春に好走したような競馬がいいと思います。そのあたりは前走の内容も踏まえて、ジョッキーに思い切って乗ってほしいです」

(レースへ向けての意気込みを)
「前走は人気に応えられず不甲斐ない結果でしたが、今回は厩舎騎手共々リベンジするつもりでやってきました。本番でもいい走りができると思いますので、応援よろしくお願いします」


タイトルホルダーについて横山武史騎手

「(今朝の追い切りについて)坂路での追い切りに乗ったのは初めてでしたが、併走馬の後ろで距離をとって、最後は後ろのままか併入かという指示で、したいという調教ができました。雰囲気も良かったと思います。(前走との比較では)大きく変わるタイプの馬ではないですが、ハッキングのときの雰囲気が少し良くなったかなと思います。精神的な部分は、まだ幼いところがあります。

(3000メートルの距離は)個人的には少し長いのではないかなと思いますが、折り合いを大事にしつつ、いい結果が出ればと思います。前回は馬券を買ってくださった方やファンの方に申し訳ない競馬になってしまったので、しっかりした競馬ができるように頑張りたいです」

(取材:小塚歩)