【菊花賞】美浦レポート オーソクレース(C.ルメール騎手) [News]
2021/10/20(水) 17:07
24日(日)阪神競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走予定のオーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

オーソクレースについてクリストフ・ルメール騎手

(前走を振り返って)
「9ヶ月ぶりで、まだ少し太かったと思います。3コーナーから4コーナーの反応は遅かったのですが、ラスト200メートルはよく動いていました。いい脚を使ってくれました」

(今朝の追い切りについて)
「いい追い切りをしてくれました。心身ともに充実しています。コンディションもだんだん良くなってきましたし、シャープになりました。今朝は道中いい手応えで、最後もいい脚で伸びてくれました。日曜日にはトップコンディションでいいレースができると思います」

(3000メートルの距離について)
「これほどの長い距離は初めてですが、彼の血統と走り方は3000メートルでもいけると思います」

(阪神内回りの3000メートルについて)
「3コーナーから4コーナーでだんだんポジションを上げていかないといけません。いいリードホースが必要ですし、スムーズな競馬をしなければいけないと思います」

(レースに向けて)
「勝ったときはいい瞬発力を見せてくれました。前走は少し反応が遅かったですが、今回は3000メートルでいい脚を使えると思います。日曜日にテレビや競馬場で応援してください」

(取材:小塚歩)