【菊花賞】美浦レポート オーソクレース(久保田貴士調教師) [News]
2021/10/20(水) 17:06
24日(日)阪神競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走予定のオーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

オーソクレースについて久保田貴士調教師

(前走を振り返って)
「長期の休み明けで、春に活躍してきた馬たちとどのくらいの力関係にあるのかというところでしたが、改めて能力を感じさせてくれたレースだったと思っています」

(ここにきての馬の成長や変化など)
「2歳の頃はまだコロンとした幼い体型をしていましたが、少しシャープな体つきになってきました。大きな変動というものはありませんが、体の線などはずいぶん変わってきたという印象があります」

(中間の調整について)
「レース後、無事を確認してから放牧に出し、このレースに向けて帰厩しました。牧場で順調に回復しましたし、ここまでとても順調に調整できたと思っています」

(最終追い切りについて)
「秋に一度使っているので、それほど強い調教はいらないと思っていて、気持ちに前向きさが出るようなイメージをもって最終追い切りに臨みました。先週まではまだモサモサした動きでしたが、今週はだいぶシャープに動けるようになりましたし、上がってきたときの息遣いも、先週よりも良くなっていました。満足のいく追い切りができました」

(前走を使っての上積みについて)
「やはり一度レースを使ったことは大きく、前走まで手探りのような調整だったのですが今回は菊花賞に向けてしっかり馬を作ることができました。前哨戦を叩いた意味は非常に大きかったと思います」

(3000メートルの距離について)
「父エピファネイアも菊花賞馬ですし、母マリアライトもスタミナ豊富で、その仔ということで血統的にもいい舞台なのではないかと思っています。この馬自身も折り合いに苦労するタイプではないので、上手に走ってくれると思います」

(レースのポイントは)
「まだ幼さが抜けていないところがあります。どれだけ集中して走れるかというところですね。前走は、レースでは集中して走れていましたがレース前の装鞍所やパドックなどで幼い仕草を見せています。そのあたり、レースに向けて馬がどう気持ちを作っていくかというところだと思います」

(自身が管理したマリアライトの初仔で臨むクラシック。お気持ちは)
「GIを勝たせてもらったマリアライトが、最初からこれほどいい仔を出してくれて、その仔でGIに臨めるというのは調教師冥利に尽きます」

(レースに向けての意気込みを)
「昨年のホープフルステークス2着で、期待を持っていたのですが、残念ながら故障で春の二冠は参加できませんでした。秋の一冠に向けて、悔いのない仕上げで、全力で臨みたいと思っています」

(取材:小塚歩)