【菊花賞】美浦レポート アサマノイタズラ(手塚貴久調教師) [News]
2021/10/20(水) 17:05
24日(日)阪神競馬場で行われる菊花賞(GI)に出走予定のアサマノイタズラ(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

アサマノイタズラについて手塚貴久調教師

(前走を振り返って)
「状態は春の一連のレースよりはいいのではないかと思って送り出しましたが、まさかあそこまで走ってくれるとは、嬉しい誤算でした。田辺騎手もああいう(後方からの)競馬になるとは思ってなかったでしょうけど、スタートして思ったほど二の脚がつかなかったというのはありました。それで、馬任せということでああいう形になったのだと思います」

(夏を越して、馬の変化は)
「馬体的には特にこれといって大きく変わったところはありませんが、精神的に少し落ち着いてきたのかなというのは、美浦に戻ってきてから感じていました」

(中間の様子は)
「前走後1週間ほど少し楽をさせて、疲労もすぐ取れました。それから順調に、強い調教も含めてこなしています。一度使ったあとの動きは、かなり上昇しているように見ています」

(最終追い切りについて)
「先週は時計以上に内容のある調教ができたので、今週も併せ馬で、阪神への輸送に耐えうるぐらい、少し余裕がある程度にやりました。とてもよかったと思います。セントライト記念の前は動きに重苦しさもあったのですが、それも解消され、状態面はアップしているように思います」

(初めての長距離輸送について)
「そのあたり、不安は不安なのですが、今回は帯同馬もいますし、2頭で一緒に行ければと思っています」

(3000メートルの距離について)
「これはやってみないとわからないというところもあります。本質的には中距離向きなのかなという気はしていますが、やってみないとわからないのは(他の出走馬も)皆同じでしょうから、期待を込めてというところですね」

(阪神コースについては)
「これもやってみないと......というところですが、中山が得意な馬なので、阪神もこなせるのではというふうに思っています」

(好走へのポイントは)
「やはり3000メートルへの対応が鍵となると思います。いかに道中リラックスして、余裕をもって追走できるかというところにかかっているのではないかと思っています。(厩舎も)たくさん重賞を勝たせてもらっていますが、これからはGIになり、そう甘くはないので、ここはチャレンジャーという気持ちで、いい成績を収められればと思います」

(取材:小塚歩)