【菅名岳特別】(新潟)直線後方から伸びてきたセイクリッドゲイズが勝利 [News]
2021/10/17(日) 18:01
新潟12Rの菅名岳特別(3歳以上2勝クラス・ダート1800m)は8番人気セイクリッドゲイズ(斎藤新騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6(重)。1馬身1/4差の2着に1番人気レプンカムイ、さらに3馬身差の3着に11番人気ルドンカズマが入った。

セイクリッドゲイズは栗東・佐々木晶三厩舎の3歳牡馬で、父エピファネイア、母ファンタジックアイ(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は7戦3勝。

レース後のコメント
1着 セイクリッドゲイズ(斎藤新騎手)
「前走はかかるところがあったので、今日は折り合い重視で行きました。流れも向きましたが、終始手応えが良かったです。ダートに替わって3連勝ですから適性があるのだと思います。今後も活躍できると思います」

2着 レプンカムイ(鮫島克駿騎手)
「1コーナーでレースを壊されるような不利を受けて、その後も乱された競馬の中、直線に向くことになりました。今日は不利が大きかったです」

3着 ルドンカズマ(亀田温心騎手)
「厩舎から出して行かなくていいとの指示でしたから後ろの位置で進めましたが、前がゴチャついていたので良かったと思います。今日は初めてブリンカーを装着しましたが、抱え気味に運ぶことができましたし、効果があったと思います」

5着 テイエムホイッスル(中井裕二騎手)
「4コーナーで前がゴチャついていたのでそれを嫌って外へコースを取りました。終いはよく伸びています」