【テレビ静岡賞】(東京)サンライズラポールが人気に応えて勝利しOP入り [News]
2021/10/17(日) 16:30
東京10Rのテレビ静岡賞(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は1番人気サンライズラポール(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(稍重)。1馬身半差の2着に6番人気フィールザファラオ、さらにハナ差の3着に7番人気スカーレットスカイが入った。

サンライズラポールは栗東・平田修厩舎の4歳牡馬で、父Constitution、母カラズマッチポイント(母の父Curlin)。通算成績は12戦4勝。

レース後のコメント
1着 サンライズラポール(三浦皇成騎手)
「跳びが雄大で、良いフットワークをしています。1400mは忙しいくらいで距離の融通は利きそうです。ソラを使うところがあると聞いていましたが、良い目標がいて、良いタイミングで抜け出して強い内容でした。上のクラスに行ってもやれます」

2着 フィールザファラオ(野中悠太郎騎手)
「いつも通りこの馬の競馬に徹して、確実に脚を使ってくれました。欲を言うともっと馬場が悪くなってくれたらうれしかったですが、それでもここ2戦終いの脚を使えたことは良かったです」

4着 エピックアン(田辺裕信騎手)
「よく走ってくれました。休み明けの中でも頑張っています。あとは展開がハマッてくれるとさらに良いですね」