【もみじS】(阪神)好スタートカジュフェイスが直線でも他馬を突き放し快勝 [News]
2021/10/17(日) 16:04
阪神9Rのもみじステークス(2歳オープン・芝1400m)は2番人気カジュフェイス(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(良)。3馬身半差の2着に4番人気テーオースパロー、さらに半馬身差の3着に5番人気ジャスパークローネが入った。

カジュフェイスは栗東・森田直行厩舎の2歳牡馬で、父エイシンヒカリ、母タイキアプローズ(母の父Devil's Bag)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 カジュフェイス(幸英明騎手)
「ゲートも速く、スッと前に行きました。そのあとかかるようなところがありました。道中リラックスして走れたらもっと弾けることができたと思います。それで勝てたのですから力が違うのだと思います」

2着 テーオースパロー(岩田望来騎手)
「1400mにも対応してくれました。まだゲートが安定していないところがあります。後ろからになりましたが終いの脚は確実です。1400でも1200でも大丈夫です。今後は馬と相談しながらですね」

3着 ジャスパークローネ(M.デムーロ騎手)
「前走はハナに行って直線フラフラしました。先生はハナに行ってということでしたが、スタートが頭を上げて他に行く馬がいたので初の1400mということもあり2番手でもいいかと思いそこから運びました。真面目に走っていましたが最後苦しくなりました。1200mの方が良いようにも思います」

5着 カワキタレブリー(戸崎圭太騎手)
「リズム良く行けましたが少し忙しいので距離は延ばしても良いのかなと思います」