【北國新聞杯】(阪神)リノキアナが内を捌いて3勝目 [News]
2021/10/16(土) 16:13
阪神10Rの北國新聞杯(3歳以上2勝クラス・芝2000m)は4番人気リノキアナ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒1(良)。半馬身差の2着に3番人気オールザワールド、さらに2馬身差の3着に6番人気ヒルノダカールが入った。

リノキアナは栗東・谷潔厩舎の4歳牝馬で、父エピファネイア、母カスタラナ(母の父Key of Luck)。通算成績は18戦3勝。

レース後のコメント

1着 リノキアナ(幸英明騎手)
「枠も良く、内で立ち回ることができたので、その分最後の伸びにつながったのかなと思います」

2着 オールザワールド(藤岡佑介騎手)
「精神的に落ち着きが出てコントロールが楽になりました。後方からの競馬が続いていましたが、今日は枠順もあって好位のポジションを取りに行きました。理想は勝ち馬のように内を捌きたかったのですが、器用さがない分外を押し上げる形になりました。惜しかったです」

3着 ヒルノダカール(藤岡康太騎手)
「体がスッキリしていました。決して楽なペースではない中、ラストまでよく踏ん張ってくれましたし、もうひと押しでしたね」

4着 ポールトゥウィン(坂井瑠星騎手)
「自分のペースで競馬が出来ましたし、直線はよく踏ん張ってくれました。今日は連闘でしたがクラスに目処が立つレースが出来たと思います」