【プラタナス賞】(東京)ベストリーガードが逃げ切り連勝 [News]
2021/10/16(土) 15:19
東京9Rのプラタナス賞(2歳1勝クラス・ダート1600m)は8番人気ベストリーガード(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒8(良)。1馬身半差の2着に5番人気セイルオンセイラー、さらに1馬身半差の3着に6番人気フルオールが入った。

ベストリーガードは美浦・牧光二厩舎の2歳牡馬で、父ダノンレジェンド、母ジョリファム(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント

1着 ベストリーガード(大野拓弥騎手)
「行くつもりはなかったのですが、結果的にマイペースで行けました。距離が持ったのは収穫です。焦れ込みが激しかったのでそこが課題ですね」

2着 セイルオンセイラー(石橋脩騎手)
「調教の時よりも前向きさがありました。競馬ではハミを取りすぎないよう気をつけてスタートを切りました。自分のペースで走れて、最後も良く伸びていますが前に残られてしまいました」

3着 フルオール(M.デムーロ騎手)
「まだ本気で走っていないです。外枠だったこともあり、外へもたれていました。新馬のような走りでまだまだ子供ですね」