【秋華賞】栗東レポート ソダシ(吉田隼人騎手) [News]
2021/10/13(水) 12:18
10月17日(日)に阪神競馬場で行われる秋華賞(GI)に出走予定のソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)について、共同会見の吉田隼人騎手のコメントは以下の通り。

「(前走は)強かったです。オークスで負けた後だったので、どういうレースを挑めるかと思ったんですが、函館の調教が落ち着いていてすごく良いなと思っていました。札幌で当日の返し馬に行く時も、普段と違って常歩で行けて成長しているなと思いました。ソダシの脚質も展開的に有利なコースですし、52キロという斤量もあったんですが、馬は頑張ってくれたと思います。(長所は)一生懸命、調教もレースも走るところです。

(2週前は)北海道にいる時と比べて、春の時のようなピリピリしたムードに戻ってきました。春のGIシリーズの時にはまだ見せていなかったような力強さだったりハミの取り方だったり、パワーアップしたな、というのは感じました。(1週前の追い切りは)2歳馬に離れないでついていけ、という指示だったので、2歳馬が最初(の1ハロン)に13秒で入った分、前半が速い調教になってしまいましたが楽々追いついてしまったな、という感じでした。先週、先々週と坂路で時計を出しているので、(今週は)2歳のお手本になるような調教をする感じで、トップギアに入れないような感じで調教をしました。今週末に力を出せるよう、ガスを抜いた感じです。やれば(時計が)出てしまうと思うので、競馬に苦しいところを見せないようにやりました。良い感じに本番へ向けて調教が出来たと思います。いつものルーティーンで来ていると思います。

阪神コースは2歳から経験していますし、正面からのスタートですが、2000メートルという距離も札幌で経験しているので大丈夫だと思います。(阪神は)得意というか相性が良いと思っているので、特に癖はないですし大丈夫だと思います。坂も苦にしないと思います。賢い馬なのでこだわってポジションを取るわけではなく、他に行きたい馬がいれば譲って、という競馬もしてきているので、型にはめる必要はないと思っています。

この馬に普段乗っているときから緊張感を持っていて、そのあたりは慣れてきていると思うので、あとはしっかり結果を出せるように願っていきたいと思います。

(須貝調教師は眠れない、と言っていたが、という質問に)その"圧"を先生からもかけられました。冗談っぽく『取りこぼすなよ』っていう圧を先生が僕にいつもかけているんですよ、と言いました。

日に日に緊張感や周りからのプレッシャーを感じますが、僕も18年乗ってきているので、極力馬には関係なく、レースで良いパフォーマンスができるようにしたいと思います。またGIで勝つ姿を見せられるよう頑張りたいと思います。ソダシの魅力、強い競馬を見せてファンを盛り上げられるような競馬をしたいと思います」

(取材:山本直)