【秋華賞】栗東レポート アンドヴァラナウト(池添学調教師) [News]
2021/10/13(水) 12:12
10月17日(日)に阪神競馬場で行われる秋華賞(GI)に出走予定のアンドヴァラナウト(牝3、栗東・池添学厩舎)について、共同会見の池添学調教師のコメントは以下の通り。

「前々走に新潟で良い勝ち方をしたので、(前走は)牝馬同士なら良いパフォーマンスが出来るだろうな、と送り出しました。思った以上に良いレースをしてくれてよかったです。

春先に比べると馬がしっかりしてきたのと、飼い食いが安定してきたのと、もうちょっと落ち着いてほしい部分はありますが、(春よりは)落ち着いて調教ができるようになりました。リフレッシュに出した時に、余裕を持った身体で戻ってこられるようになったので、その分しっかり調教を積めるようになっています。(調教を)やっても飼葉食いが落ちなくなっています。

次のレースまで間隔が短いので、1週間はしっかり疲れを取って、思ったよりダメージもなさそうなので翌週から坂路に入れて、思ったより気負いもなく、落ち着きを保って調教が出来ました。新馬戦から2戦目にかけて以来の在厩調整ですが、ここまで思ったように調整して来れています。いつでも動ける態勢で身体も仕上がっているので、最初の入りでしっかり折り合わせて、最後はリラックスした状況でのびのび走らせるように指示しました。時計も54~55秒くらいで、と指示を出しましたが、その通り上がってこれたと思います。ブレずにしっかり走っていますし、手前変換もスムーズで、追えば追うだけまだ伸びる、という乗り手の手応えで良かったと思います。(評価は)申し分無かったと思います。

秋を見据えて秋華賞を使えれば使いたいな、という距離延長でしたが、上手に競馬したな、という印象ですね。成長曲線自体は思っている通りで、来年もっと良くなると思いますが、能力が高い馬なので、その能力をただ発揮できているだけかな、と思っています。馬体面に関してはまだまだだと思っています。

新潟を使った時も2000メートルだとか、左回りだとか、使うごとに課題はあるんですが、しっかりとクリアしてくれているので、(今回の条件に関して)その点は使ってみないことには分かりませんがクリアしてくれると思っています。

良馬場でしか走ったことがないので何とも言えませんが、走法を見ると頭の高い、ハミに頼って走る馬ではないので、雨が降ってもこなしてくれると思います。(長所は)気持ちが強いところですね。気持ちのコントロールは徐々に、福永騎手が乗ってくれてコントロールが利くようになってきているので、終いの伸びにつながっているんじゃないかなと思います。(福永騎手は)レースが終わって次に向かう時の課題も、ずっと乗っている騎手なのでわかると思います。

(作戦は)枠順や展開で変わると思いますので、ジョッキーにお任せして、僕らとしては良い状態で競馬場へ送り出して、無事に帰ってくるのを祈るだけです。

トライアルで強い勝ち方をして、血統的にも魅力のある馬ですけど、まだこれから良くなると信じています。まずは無事に帰ってきてほしいと思っています。

(自身にとってのGI初制覇は)自分のことなのであまり気にしていないです。良いレースをしてくれて、無事に厩舎へ戻ってきてくれればそれだけで十分です。

徐々に競馬場へもファンの皆様が入れるようになってきましたが、まだまだ入れない人たちもたくさんいると思うので、ぜひともリアルタイムでテレビの前でも良いので、各馬良いレースができるよう、応援してほしいと思います」

(取材:山本直)