【妙高特別】(新潟)ララクリュサオルが人気に応える [News]
2021/10/10(日) 18:10
新潟12Rの妙高特別(3歳以上2勝クラス・ダート1200m)は1番人気ララクリュサオル(中井裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒3(良)。2馬身差の2着に11番人気カネコメアサヒ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気キモンブラウンが入った。

ララクリュサオルは栗東・辻野泰之厩舎の5歳牡馬で、父Speightstown、母Lindy(母の父War Front)。通算成績は10戦3勝。

レース後のコメント
1着 ララクリュサオル(中井裕二騎手)
「この馬に関してはいろいろなことがありましたが、能力は確かだと思ってずっと信じて乗ってきました。これも厩舎サイドや馬主さんがずっと乗せていただいたおかげで、いろいろなことが分かりました。1枠1番でも自信を持って乗れました。馬がしっかりとそれに応えてくれました。新潟も合っていますし、体と心のバランスがとても良いです」

2着 カネコメアサヒ(川又賢治騎手)
「馬の成長が感じられました。砂を被ると競馬にならないのですが、今日は砂を被っても大丈夫でした。新しい競馬が出来ましたし、楽しみが出てきました」

3着 キモンブラウン(嶋田純次騎手)
「スタートをポンと出ましたが、横に速い馬がいたので、行かなくていいと思いました。前に行った馬にはきつい展開になった中、最後まで粘ってくれました。良い状態を維持してくれていたのだと思います」