【六社S】(東京)外から鋭く伸びたコトブキテティスがオープン入り [News]
2021/10/10(日) 15:43
東京9Rの六社ステークス(3歳以上3勝クラス・芝2400m)は7番人気コトブキテティス(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒7(良)。クビ差の2着に4番人気レティキュール、さらに3/4馬身差の3着に1番人気フィリオアレグロが入った。

コトブキテティスは美浦・田島俊明厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー、母エヴァ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は19戦4勝。

レース後のコメント
1着 コトブキテティス(柴田善臣騎手)
「返し馬でのフットワークが良くて、我慢がきいていました。このコースも合いますね。厩舎がこの馬の癖をつかんでいて、間隔を空けてフレッシュな状態だったのも良かったと思います。強い内容でした」

2着 レティキュール(鮫島克駿騎手)
「距離のロスを抑えながら1コーナーに入れました。直線も進路がないから外に回すのではなく、良い壁だと思って内を狙いました。もう少しでしたし、悔しいです」

3着 フィリオアレグロ(C.ルメール騎手)
「休み明けでしたし、引っかかってしまいました。その分最後に苦しくなりました。これからの馬ですし、使えば変わります」

4着 スヴァルナ(内田博幸騎手)
「馬ごみの中でもリラックスして走っていましたし、馬群の間を割ってくることができました。これまでと違う競馬ができましたし、次に繋がると思います」