【りんどう賞】(阪神)好位で競馬を進めたダークペイジが直線抜け出し2連勝 [News]
2021/10/09(土) 15:44
阪神9Rのりんどう賞(2歳1勝クラス・牝・芝1400m)は5番人気ダークペイジ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒3(良)。クビ差の2着に6番人気エクロール、さらに3/4馬身差の3着に7番人気アキバが入った。

ダークペイジは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父Dark Angel、母グレイトペイジ(母の父Roderic O'Connor)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ダークペイジ(浜中俊騎手)
「初戦同様、スタートは良く好位で我慢がききました。新馬の時より行きたがる面は強くなっていますが、レースでは抑えがきく程度です。改めてセンスの良さを感じました」

2着 エクロール(和田竜二騎手)
「ゲートは出てくれましたが前半に進路が狭くなるところがありました。馬は集中して走っていて、長く脚を使っています」

3着 アキバ(高倉稜騎手)
「スタートが速い馬で、内枠から良い形で思った通りのレースができました。新馬の時より力むところがありましたが、なだめながら運ぶ形でした。前に入られてリズムを崩すところはありましたが最後は盛り返して良い競馬でした」

4着 ポメランチェ(藤岡佑介騎手)
「良いスピードを見せてスムーズに競馬ができました。並んでからもしぶとく頑張ってくれましたが、勝ち馬に寄られてしまい、満足に追えないところがありました」