【メイクデビュー】(東京6R)レッドゲイルが人気に応えて新馬勝ち [News]
2021/10/09(土) 15:32
東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は1番人気レッドゲイル(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒0(良)。3/4馬身差の2着に9番人気ユイノピラウトゥル、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ウラカワノキセキが入った。

レッドゲイルは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母マレーナ(母の父ダイワメジャー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 レッドゲイル(C.ルメール騎手)
「最初はちょっと物見をしていましたが、コーナーで流れに乗れました。そのあとは反応して良い瞬発力を見せてくれました。まだ子供で、自分が何をしたらいいか知らなかった感じでしたが、最後は脚を使ってくれました」

2着 ユイノピラウトゥル(野中悠太郎騎手)
「少し出して行こうと思っていました。ゲートも上手に出ましたし、自分のペースで走らせました。3着馬に一旦出られましたがもう1回差し返してくれました。ダートの1300m、1400mが合っていると思います」

3着 ウラカワノキセキ(戸崎圭太騎手)
「直線で下を見て跳ぶところがありました。追い切りではひと息で走ってしまうかなと思ったのですが、レースでは上手に走ってくれました。次もテンションが上がらなければ良い走りができると思います」