【メイクデビュー】(東京5R)内を突いたモカフラワーが新馬勝ち [News]
2021/10/09(土) 15:10
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は4番人気モカフラワー(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒3(良)。アタマ差の2着に1番人気インダストリア、さらに1馬身半差の3着に2番人気メイショウジブリが入った。

モカフラワーは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母ハイタッチクイーン(母の父キングヘイロー)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 モカフラワー(石川裕紀人騎手)
「元々期待の大きな馬です。今日は正攻法の競馬をしました。能力があるので直線で前が開いた時にそこへスーッと入っていけましたし、着差以上に余力もありました。牝馬でカーッとなりそうなところもあるので大事に成長していって欲しいです」

2着 インダストリア(C.ルメール騎手)
「スローペースで、少し行きたがりました。距離は1600mくらいが合っているように思います。良いスピードがありますし、ポテンシャルは高いですね」

3着 メイショウジブリ(福永祐一騎手)
「ワンペースっぽいところがあり、芝の瞬発力勝負は分が悪いです。競馬自体は上手なのでダートにチャレンジしてみる手もあるかもしれません」