【メイクデビュー】(阪神5R)好スタートのアートハウスが直線他馬を突き放し新馬勝ち [News]
2021/10/09(土) 15:04
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は3番人気アートハウス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒8(良)。3馬身差の2着に1番人気ショウナンアデイブ、さらにクビ差の3着に5番人気シャンバラが入った。

アートハウスは栗東・中内田充正厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー、母パールコード(母の父ヴィクトワールピサ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 アートハウス(川田将雅騎手)
「お母さんよりもバランスがよく走れますし、これからどう成長していけるかが楽しみな馬だと思います」

2着 ショウナンアデイブ(浜中俊騎手)
「初戦としては上手に走ってくれました。スタートが少しゆっくりという感じでした。でも道中も折り合いを欠かず3コーナーから長く脚を使う形になりましたが、その脚に素質を感じました。勝ち馬が上手く楽な競馬をした分勝てませんでしたが、脚をしっかり使うことを感じることができて良かったです」

3着 シャンバラ(松若風馬騎手)
「切れるタイプではないので先行できればと思っていました。行き切っても集中して走ってくれました。使いつつ良くなるタイプだと思います。体力がありますね。最後までバテずに頑張ってくれました」

5着 ヴィンテージボンド(松山弘平騎手)
「外枠でしたが、良いところで流れに乗れましたが3コーナーぐらいで早めに手が動いてしまいました。少しまだ幼い面も見せていたと思います」