【メイクデビュー】(阪神4R)シダーが2番手から直線早めの先頭で新馬勝ち [News]
2021/10/09(土) 13:58
阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1400m)は2番人気シダー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒3(良)。3馬身差の2着に4番人気サンライズスコール、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気メイショウホマレが入った。

シダーは栗東・本田優厩舎の2歳牝馬で、父ホッコータルマエ、母コウエイテンプウ(母の父デヒア)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント

1着 シダー(藤岡康太騎手)
「凄く性格が素直で良い雰囲気でレースに臨めました。ゲートも上手に切ってくれて正攻法の2番手からしっかり抜け出して良い内容だったと思います」

2着 サンライズスコール(酒井学騎手)
「1週前追い切りに乗った時からスイッチが入ったりと子供っぽいところがありました。今日もパドックでは落ち着いていたものの馬場入りしてからチャカつく面を見せました。ゲートでも駐立が上手くいかず後手を踏む形になりました。メンバー的にも、あまりジッと構えすぎてもと思いある程度勢いがついてあの位置(外の5番手あたり)につけてそれからは、リズム良く運べました。そのあと勝負どころで動いて行こうと思ったところで内にモタれたり、直線でも内にモタれる感じでした。でもしぶとく最後まで詰めてくれました。レース慣れすればそういうところも解消されてくるでしょうし、競馬に集中できるでしょう。まだ上積みの余地も十分ありそうです」

3着 メイショウホマレ(幸英明騎手)
「ゲートは上手く出せなくて二の脚で3番手に行けました。1回使って良くなるでしょう」

4着 ユーフェイス(松山弘平騎手)
「調教の時から、少しジリッぽいところがある馬だったのでスタートも出たので積極的に運べました。最後までしっかり頑張ってくれました」