【メイクデビュー】(中山5R)ダノンティアラが早め先頭から押し切って新馬勝ち [News]
2021/10/03(日) 17:26
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1800m)は3番人気ダノンティアラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒6(稍重)。3/4馬身差の2着に2番人気ウインバグース、さらに2馬身半差の3着に4番人気ロムレーンが入った。

ダノンティアラは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父ドゥラメンテ、母ザキア(母の父New Approach)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ダノンティアラ(川田将雅騎手)
「聞いていたよりも、競馬で全体を通して遥かにしっかりと走ってくれました。現状でできる精一杯の走りをしてくれました」

2着 ウインバグース(和田竜二騎手)
「返し馬が終わってからイレ込んでしまいました。ゲートの中でガチャガチャして、立ち遅れました。出てからは攻め通りで、一生懸命走っていました。良い瞬発力を持っていますし、能力がありそうです」

3着 ロムレーン(藤岡佑介騎手)
「スタートを上手く出せれば良かったです。脚は使えているので、最後はスタートの分です」

4着 マイネルカグラ(丹内祐次騎手)
「よく走っています。まだまだ良くなりますし、距離も持つと思います」

5着 ウィズグレイス(C.ルメール騎手)
「スローペースだったので、中団で我慢していました。他の馬が突然加速していって、この馬は跳びが大きいので反応するのに時間がかかってしまいました。最後は良い脚を使ってくれました。次の東京では勝てると思います」