【茨城新聞杯】(中山)ヴァリアメンテが鋭い末脚で外から差し切り勝利 [News]
2021/10/03(日) 16:30
中山10Rの茨城新聞杯(3歳以上2勝クラス・芝1800m)は2番人気ヴァリアメンテ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒0(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気キタノインパクト、さらにアタマ差の3着に10番人気ヒューマンコメディが入った。

ヴァリアメンテは栗東・中内田充正厩舎の3歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母ヴァリディオル(母の父Dynaformer)。通算成績は6戦3勝。

レース後のコメント
1着 ヴァリアメンテ(藤岡佑介騎手)
「夏を越して動きが良くなっていて、完成はもっと先かとは思いますが、成長していたので期待していました。期待以上の走りで、良い内容でした。これからが楽しみです」

2着 キタノインパクト(横山武史騎手)
「イメージ通りのレースでしたが、ハンデも重かったですし、勝ち馬の決め手が上でしたから仕方ありません。まだ本気で走っていなくて、能力を隠している感じがあります」

3着 ヒューマンコメディ(秋山稔樹騎手)
「ハンデもきいていましたし、大幅な馬体減も素軽くなっていて良い方に向いたようです。ハンデなど条件が合えば勝負できると思います。次に期待したいです」

4着 ナリノモンターニュ(津村明秀騎手)
「昇級戦でしたが、良い競馬が出来ました。差しも板についてきましたし、このクラスでもやれそうです」