【桶狭間S】(中京)人気を集めたレディバグが直線半ばで抜け出し後続を離して勝利 [News]
2021/09/26(日) 16:15
中京10Rの桶狭間ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は1番人気レディバグ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(不良)。2馬身半差の2着に2番人気サンライズラポール、さらに3/4馬身差の3着に7番人気フィールザファラオが入った。

レディバグは栗東・北出成人厩舎の3歳牝馬で、父ホッコータルマエ、母フェバリットガール(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は8戦3勝。

レース後のコメント
1着 レディバグ(松山弘平騎手)
「スタート良く、良いポジションで流れに乗って競馬をしてくれました。こういう馬場も苦にせず、良いスピードを見せてくれました。まだまだ勝ち方にも余裕がありましたし、これから上のクラスに行っても楽しみです」

2着 サンライズラポール(福永祐一騎手)
「久しぶりに差す形の競馬をして、よくきてくれました。ただ、まだ直線、手前を替えないところがあり、馬体は緩さが残っているので、そういうところが解消されれば、重賞でもやれる馬になれると思います」

3着 フィールザファラオ(藤岡康太騎手)
「スタートから進みが全然悪く、躊躇している感じはありましたが、促しながら直線外に出したら、本当に良い脚を使ってくれました。こういう馬場もこの馬には良かったと思います」

4着 アーバンイェーガー(菱田裕二騎手)
「前回乗せていただいた時に、かなり背中の良い馬だと感じ、今日は良いイメージを持って乗りました。やはり良い馬です」