【メイクデビュー】(中山4R)タヤスゴールドが直線力強く抜け出して新馬勝ち [News]
2021/09/26(日) 15:10
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は1番人気タヤスゴールド(江田照男騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(良)。3馬身半差の2着に3番人気ライヴサファイア、さらに3馬身半差の3着に4番人気スウィートナーが入った。

タヤスゴールドは美浦・岩戸孝樹厩舎の2歳牡馬で、父プリサイスエンド、母ラブレインボー(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 タヤスゴールド(江田照男騎手)
「調教で良い動きをしていたので期待していました。少し口向きの難しいところがありますが、レースでは我慢してくれました。ポテンシャルの高い馬で、追ってからもしっかりしていました」

2着 ライヴサファイア(木幡巧也騎手)
「センスの良い馬です。スタートが速く、ダートの1200mはピッタリでした。小柄ですが、しっかりしています。まだまだ成長しそうです。スピードを生かすレースならすぐにチャンスはあると思います」

3着 スウィートナー(菊沢一樹騎手)
「調教の時から期待していた馬です。1回使ってガラリと変わるタイプと思っていましたが、初戦からセンス良く最後までしぶとく走りました」

4着 オールフラッグ(菅原明良騎手)
「急かすような形で位置を取りに行きました。道中は少し忙しい感じでした。それでも4着に頑張ってくれました。もう少し距離が長い方がリズム良く走れると思います」