【野路菊S】(中京)牝馬のロンがレコードで圧勝 [News]
2021/09/25(土) 15:29
中京9Rの野路菊ステークス(2歳オープン・芝2000m)は2番人気ロン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒8のレコード(良)。4馬身差の2着に5番人気クラウンドマジック、さらにハナ差の3着に1番人気マテンロウスカイが入った。

ロンは栗東・石橋守厩舎の2歳牝馬で、父シルバーステート、母アモーレヴォレ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ロン(武豊騎手)
「良い競馬でした。思っていたよりも折り合いがつきましたし、抜け出すのも速かったです。内容が良かったですし、今日のレースができれば距離の融通も利きそうですから、今後が楽しみです」

2着 クラウンドマジック(加用正調教師)
「ジョッキーから(距離が)長い方が良いと聞いて、今回2000mを使いました。間隔が詰まっていましたが、一度使って(馬が)しっかりと変わってくれました。レコード決着の中で食い込んでくれていますし、収穫がありました」

4着 フレンドショコラ(柴山雄一騎手)
「一つでも上の着順に来られたらと思って乗りましたが、しっかりと伸びてきてくれました。上のクラスに挑戦してこの結果ですし、距離も全く問題ありませんでした。むしろこれぐらいの距離があった方が良いのかもしれません。よく頑張ってくれました」