【日経新春杯】(京都)~サトノノブレスが重賞初V [News]
2014/01/19(日) 17:07
京都11Rの日経新春杯(4歳以上GII・芝2400m)は、2番人気サトノノブレス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒4。クビ差の2着に1番人気アドマイヤフライトが、1馬身1/4差の3着に4番人気フーラブライドがそれぞれ入線。

サトノノブレスは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ(母の父トニービン)。通算成績は10戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 サトノノブレス C.ルメール騎手
「最初から前に行くつもりはありませんでしたが、ペースが遅かったので、馬のリズムを大切にしようと前に行きました。調教に乗って、長くいい脚を使うところやスタミナがあるのはわかっていましたので、馬を信じていました。よくがんばってくれました」

2着 アドマイヤフライト 福永祐一騎手
「力は出してくれました。直線はフワフワする面がありながら、伸び続けていましたからね。まだ課題のある馬ですが、そこをクリアしていけばGIやGIIでも活躍できると思います」

3着 フーラブライド 酒井学騎手
「出たなりで上手にレースをしてくれました。上位2頭とは決め手の差で、よくくらいついています。牝馬同士ならレベルの高いところにいます」

4着 コウエイオトメ 池添謙一騎手
「いつも通り、後ろからの競馬になりました。行きたがりましたが、ロスなく乗れました。52キロとコースとの相性のよさもあって、よくがんばっています」

9着 クラウンレガーロ 三浦皇成騎手
「折り合いはつきましたが、2400mは本質的に長いです。距離のカベがあります。馬はよくなっていますし、ゲートもよくなっています」

11着 ラウンドワールド 岩田康誠騎手
「馬はよくなっています。ただ、レースでは耳を絞るような面も見せています。こんな馬ではありません。何とかキッカケが欲しいです」