【メイクデビュー】(中京5R)好位からヴィルチュオーズが抜け出す [News]
2021/09/25(土) 14:23
中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は9番人気ヴィルチュオーズ(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3(良)。半馬身差の2着に1番人気ヴァレッタカズマ、さらにクビ差の3着に3番人気ホートンプレインズが入った。

ヴィルチュオーズは栗東・武幸四郎厩舎の2歳牝馬で、父サトノアラジン、母エセンテペ(母の父Oratorio)。

レース後のコメント
1着 ヴィルチュオーズ(武幸四郎調教師)
「細めの馬で調教でもそうでしたが、芝に行って良かったですね。今日の良馬場というのも良かったと思います。軽い馬場で良い走りを見せてくれました。素直な馬ですね」

2着 ヴァレッタカズマ(川田将雅騎手)
「とてもスムーズに、良い内容で走ってくれました。本質的にはダートの方がとは思いますが、内容的には全力の走りをしてくれました」

3着 ホートンプレインズ(福永祐一騎手)
「芝での走りが良かったです。血統的な能力を感じました。ただフォームに関してはまだ改善の余地があるので、そこを修正していかなければと思います」

4着 レッドアクトゥール(松山弘平騎手)
「スタート良く3番手で良いレースをしてくれました。良いスピードを持っています。ただ今日は幼さを感じました」