【紅梅S】(京都)~アドマイヤビジンがゴール前で差す [News]
2014/01/19(日) 16:19
京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン・牝馬・芝1400m)は、4番人気アドマイヤビジン(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒9。ハナ差の2着に2番人気マラムデールが、半馬身差の3着に9番人気シャイニーガールがそれぞれ入線。

アドマイヤビジンは栗東・梅田智之厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母スマイルビジン(母の父ゴールドヘイロー)。通算成績は8戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 アドマイヤビジン 四位洋文騎手
「4コーナーでも手応えよく、余裕を持って追い出しを我慢できました。ただ、追い出して物見をする面を見せましたので、そういった点が解消してくればと思います。この時期に勝ったことは大きいですね。大きなハナ差でした」

梅田智之調教師のコメント
「桜花賞に進みたいので、どこかでトライアルを使うことになりそうです。他の馬に並ばれて伸びるところがあり、勝負根性のある馬ですね」

4着 ダンスアミーガ 三浦皇成騎手
「馬群でレースを進めましたが、レース経験の多い馬が動いたときに、ついていくのに手間取りました。返し馬では力んでいる感じでしたが、レースではそれほどでもなく、いい脚を使ってくれました」