【浦安特別】(中山)逃げたサイファーシチーがしぶとく粘り切り3勝目 [News]
2021/09/19(日) 15:28
中山9Rの浦安特別(3歳以上2勝クラス・ダート1200m)は2番人気サイファーシチー(永野猛蔵騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(稍重)。クビ差の2着に8番人気アウトウッズ、さらにクビ差の3着に1番人気レッドランサーが入った。

サイファーシチーは美浦・伊藤圭三厩舎の3歳牡馬で、父スズカコーズウェイ、母アイシークレット(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は8戦3勝。

レース後のコメント

1着 サイファーシチー(永野猛蔵騎手)
「行く馬がいなかったら逃げようと思っていました。外の馬に来られましたが、何が何でもという感じではなく引いてくれたので、上手いこと脚を溜められました。元々追ってから弾けるタイプではないですがしぶといので、しぶとさをうまく生かして頑張ってくれました」

2着 アウトウッズ(津村明秀騎手)
「力がある馬ですね。1年2ヶ月振りでしたが落ち着いていました。体重的にも2キロしか増えていませんでした。最後苦しくなって外へ張るところがありましたが、そこが久々の分だと思います。良い馬です」

3着 レッドランサー(横山武史騎手)
「今まで乗った中で状態は一番良かったですが、前をとらえきれず後ろからも差されてしまいました。展開の利が必要かもしれません」