【メイクデビュー】(中山5R)アンクロワが好位から抜け出し新馬勝ち [News]
2021/09/19(日) 14:13
中山5Rのメイクデビュー中山(牝馬・芝1600m)は1番人気アンクロワ(横山和生騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒3(稍重)。2馬身半差の2着に10番人気ランプロティタ、さらに1馬身3/4差の3着に11番人気ベアクイーンが入った。

アンクロワは美浦・伊坂重信厩舎の2歳牝馬で、父モーリス、母アンレール(母の父ディープインパクト)。

レース後のコメント

1着 アンクロワ(横山和生騎手)
「中山の1600mで内枠でしたから出して行って前に壁を作り、次に向けてあまり馬にプレッシャーをかけない勝ち方ができたのは良かったです。精神的に難しい面がある馬だと思っているので、今後落ち着きを保てていければ良いと思います」

2着 ランプロティタ(柴田大知騎手)
「初戦としては良い内容でした。まだ体に緩さはありますが長く良い脚を使ってくれました」

4着 セイウンコチョウ(勝浦正樹騎手)
「競馬は上手です。一度走っただけでなんとも言えませんが、もしかするとダートの方が良いかもしれません。初戦としては良い内容だったと思います」