【セントライト記念】美浦レポート ソーヴァリアント [News]
2021/09/15(水) 12:26
9月20日(月)に中山競馬場で行われる第75回セントライト記念(GII)に登録しているソーヴァリアント(牡3、美浦・大竹正博厩舎)について、追い切り後の岩藤和裕調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の藻岩山特別1着を振り返って)
「スタートが決まって、良い位置で競馬ができたので、あの馬が持っている力を十分に出せたレースかなと思います。
やはり精神的な成長が大きいかなと思います。それで発馬が決まるようになってレースを組み立てやすくなったので、あの馬の力を出しやすいようなレースができるようになったのが大きいと思います。
まだ条件戦なので、強い相手とレースをして同じような競馬ができるかは分からないところではありますが、そこでもどんなシチュエーションになっても力を出せるようになってほしいなと思います」

(前走後の調整について)
「札幌だったので、1週間ぐらい山元トレセンへ放牧に出させていただきました。それで美浦に戻した感じです。
かなり短期の放牧ではあったので、変わらずというか、特に疲れた様子はなかったのでそれは良かったです」

(調教過程を振り返って)
「1週前は全体的な時計を出すような感じでした。ただ、間隔もそこまであいていないので、あまり上からプレッシャーをかけるような追い切りではなかったのですが、それでも楽に良い時計が出ました。終いもスッと反応が良かったので、状態はやはり整っているのかなという印象は受けました。
先週は長めから時計を出しているので、今日は半マイルぐらいからペースを上げる形でやりました。終いもスッと馬の行く気に任せてもらいましたが、ジョッキーも好感触を得ていました。
(ジョッキーは)先週よりも力みがなくて、良いリズムで走れていたということです」

(今回のレースに向けて)
「最初の直線は長いので、競馬がしやすいのかなとは思います。札幌で2つ勝った時と同じようなコース形態というか、回りになるので、そこは競馬がしやすいところかなとは思います。
やはり強いメンバーが揃っているかなとは思います。ただ、ソーヴァリアントも春よりだいぶ成長が見られるので、どこまでやれるか期待しています。
スタートが決まればいろいろ組み立てやすくなると思うので、あの馬の力を出すにはここ2走のようなスムーズな競馬ができればなと思います。
(戸崎騎手は)調教も乗ってもらっていますし、レースも見ていただいて、いろいろと考えていると思うので、こちらからは特にありません。
もう一度、力を付けて重賞に挑戦できるので、どこまでやれるか私たちも期待しています。皆さんも応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)