【セントライト記念】美浦レポート ノースブリッジ [News]
2021/09/15(水) 12:25
9月20日(月)に中山競馬場で行われる第75回セントライト記念(GII)に登録しているノースブリッジ(牡3、美浦・奥村武厩舎)について、奥村武調教師のコメントは以下の通り。

(前走のラジオNIKKEI賞3着を振り返って)
「久しぶりに小回りで展開が忙しいようなレースを使ったものですから、前半で急かして行った分、力みがあったかなという感じはしました。三分三厘から仕掛けて行った時の反応が2歳の時と比べると少し鈍かったかなという気はしました」

(前走後の調整について)
「去年末に爪を痛めて、年明けまで2ヶ月以上ほとんど運動ができない時期を越えての前走だったので、こちらが思っているほど馬がまだ(状態が)上がってきていなかったのかなというのは感じています。この中間は非常に順調に乗り込めていますので、去年の秋競馬の時に近い状態にやっと戻ってきたなとは感じています」

(1週前追い切りを振り返って)
「最後はビュンビュン行き過ぎてしまって、うまく併せ馬にならなかったのですが、この馬自身はかなり良い動きというか、終いの2ハロンが11秒7、11秒7ですか、なかなか今のウッドチップコースで出るような時計ではないので、本当に葉牡丹賞の時のパフォーマンスに近いような追い切りだったかなと思って見ていました。
(明日の最終追い切りは)やり過ぎないようにというのが主眼になってくると思います。ここまで青葉賞とラジオNIKKEI賞が正直仕上げ切れていない状況もあったと思います。今回はやり過ぎないようにと思いながらも、きちんと最後までいじめ抜いて鍛え上げていきたいなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「正直、折り合いなどの面を考えますと、(父が)モーリスというのもありますし、だんだん身体付きも筋肉質になってきているところはあります。本来2200mは長いのかなとは思っているのですが、折り合いはすごく付く馬なので、リズム良く進められれば何とかこなせる距離だなとは思っています。外回りコースも問題ないと思っています。
逃げなくても競馬はできるとジョッキーはいつも言っているのにハナに行ってしまうのですよね。だからそこはスピードに天性のものがあるのかなと思うので、今回もあまり馬の持っているものを害さないようにレースができればなと思っています。ハナにはこだわらないです。
別に番手でも競馬ができるとは思います。普段の追い切りで馬の後ろに入れても特にエキサイトすることはありませんから大丈夫だと思っています。
ジョッキーはこの馬をかなり気にかけていて、今はコロナでできませんが、移動ができた時は調教によく乗りに来てくれていたので、よく分かってくれています。
夏の競馬がこちらが思っているような本来のこの馬の動きはまだし切れていなかったと感じています。今は本当に復調できていると思っていますから、これでどれだけやれるのかなというのはすごく楽しみです」

(取材:米田元気)