【セントライト記念】美浦レポート オーソクレース [News]
2021/09/15(水) 12:24
9月20日(月)に中山競馬場で行われる第75回セントライト記念(GII)に登録しているオーソクレース(牡3、美浦 久保田貴士厩舎)について、久保田貴士調教師のコメントは以下の通り。

(前走のホープフルS2着を振り返って)
「競馬としては3戦目でGIというレースでしたが、それまでの2戦とは違ってスタートも出てくれて、良い位置で競馬ができました。4コーナーでちょっとしたアクシデントがあって馬もびっくりしてしまったところはありましたが、最後までしっかり走れて、良い内容だったと思います。
一回、盛り返してくれるかなという感じもありましたし、少し内外離れてしまっていたので、仕方がないかなと思っています」

(前走後の調整について)
「皐月賞を目指して乗り込みを進めている途中で、後ろ脚に問題が起きてしまって、その時点で春は諦めることにしました。しっかり牧場がケアをしてくれまして、夏場も順調に追い切りを進めてもらいました。秋はこのセントライト記念から行ければいいなという話をしていたので、今ここまで順調に来ています。
だいぶトレセンも1年ぐらい経っていますから、少しは慣れて、若干身体はそんなに大きくは変わっていないのですが、少しずつ大人な身体つきにはなっているなと思っています」

(1週前追い切りを振り返って)
「1週前は強い負荷をかけたいなと思っていましたので、両脇に動く馬たちを置いて、2番手から追走させて、最後までしっかり追うことができました。良い内容で追い切りが消化できたと思います」

(明日の最終追い切りについて)
「明日は、ある程度馬の気持ちがあまり高ぶり過ぎないような感じで、気持ち良く馬が走れるような感じの追い切りをイメージしています」

(今回のレースに向けて)
「この馬自身、過去3戦とも全部違う競馬場で走っていますし、それなりの結果も出ています。中山だからとかというイメージは特に考えてはいません。
去年の2歳の暮れとはガラッと大きく変わります。春のクラシックを戦ってきた馬たち、それに夏に力を付けてきた馬たち、良いメンバーが揃っていると思います。
レースに関しては、ジョッキーにお任せしますし、特にどうこうということはないです。
(母マリアライトも久保田厩舎で)縁のある馬でこういう舞台に立てるということは、非常に調教師冥利に尽きると思います。どの馬も同じなのですが、やはりひいき目に見てしまうようなところもあります。何とか無事に持っていけたらと思います。
春は残念なことになってしまいましたが、しっかり休んで、馬も立ち直ってきました。春に休んだことがこれからの活躍につながったのだなと思われるような活躍をしてくれたらなと思っています。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)