【セントライト記念】美浦レポート タイトルホルダー [News]
2021/09/15(水) 12:22
9月20日(月)に中山競馬場で行われる第75回セントライト記念(GII)に登録しているタイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹厩舎)について、栗田徹調教師のコメントは以下の通り。

(前走の日本ダービー6着を振り返って)
「馬群で苦しい競馬にはなりましたが、最後まで諦めず走ってくれました。この馬の走りはできたのではないかと思っています」

(前走後の調整について)
「ダービー後は福島を経由して北海道に戻しました。早い段階でセントライト記念から菊花賞というローテーションで行くということだったので、北海道では夜間放牧をして、1ヶ月少し前ぐらいに厩舎に戻ってきました。心身共にリフレッシュできたような印象です。
気持ちのゆとりや身体の幅などは数字的には大きく変わっていないのですが、見た目はトモの張りなんかは出てきたかなと思います」

(1週前追い切りを振り返って)
「1週前は予定騎手の横山武史騎手に感触を掴んでもらったのですが、反応も良いということでした。少し左に張る面はあったものの、それは皐月賞、ダービーの前もありました。その辺の確認と、一番は休み明けの動きを確認してもらいましたが、反応は良かったということで、良い動きだったと思います」

(明日の最終追い切りの予定は?)
「ここまで順調に来られていまして、先週、今週にかけて身体がまた一段パワーアップしたような印象に見えました。当該週ということもありますので、やり過ぎずに単走で調整しようと思っています」

(今回のレースに向けて)
「中山コースは成績的にも相性的にも良いと思っています。そしてセントライト記念をステップに菊花賞に行くわけですが、このレースは夏場に力を付けた馬もいますし、春に戦ってきた相手もまた成長していると思います。この馬の力を出し切れば自ずと結果は出てくると思いますので、走りを楽しみにしています。
結構、機動力と言いますか、ゲートも速いですし、二の脚も良いものですから、極端な位置取りにはならないと思います。うまく流れに乗って力まず走ってほしいです。
ゲートを出てから騎手の判断に任せたいと思います。この馬もゲートは速いですし、あまり馬群で競馬をするよりは、自分で動ける位置の方が力を出しやすいのかなと思っています。
春はもう一息のところで取りこぼしたレースもありましたが、夏の休養を挟んで馬も心身共にアップしています。またその姿を秋にお見せできればと思います。ここまで順調に調整してきましたので、応援をまたよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)