【メイクデビュー】(新潟5R)ルージュスティリアが直線脚を伸ばして抜け出すと後続も振り切って新馬勝ち [News]
2021/08/01(日) 14:32
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は1番人気ルージュスティリア(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒2(良)。3/4馬身差の2着に2番人気スターズオンアース、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ダノンフューチャーが入った。

ルージュスティリアは栗東・藤原英昭厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ドライヴンスノー(母の父Storm Cat)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ルージュスティリア(福永祐一騎手)
「早く先頭に立ちすぎました。4コーナーで射程圏に入れておこうと思ったら、先頭に立つ形になりました。調教よりも芝の実戦で良かったですね。反応が全然違いました。来年まで楽しみな馬です」

2着 スターズオンアース(石橋脩騎手)
「調教でも良かったのですが、芝に入れてさらに良かったです。人気馬が良いスタートを切って、その後ろの狙っていたところを取れました。伸びてはいるのですが、勝った馬が強かったです」

3着 ダノンフューチャー(岩田望来騎手)
「良い形で競馬が出来ました。前に出てからフワッとしましたが、並んでからはしっかり走ってくれました。使いつつだと思うので、これからに期待です」