【メイクデビュー】(福島6R)カセノダンサーが好位追走から直線鋭く脚を伸ばして新馬勝ち [News]
2021/07/18(日) 15:29
福島6Rのメイクデビュー福島(ダート1150m)は1番人気カセノダンサー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒5(良)。1馬身3/4差の2着に3番人気ベルドラゴ、さらにクビ差の3着に5番人気ハピネスガッサンが入った。

カセノダンサーは栗東・中尾秀正厩舎の2歳牝馬で、父ヘニーヒューズ、母レディーソルジャー(母の父マヤノトップガン)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 カセノダンサー(戸崎圭太騎手)
「砂を被って嫌がるところがありましたが、外に出すと良い伸びを見せてくれました。先頭に立って物見をしましたが、良いセンスをしている馬です」

2着 ベルドラゴ(三浦皇成騎手)
「返し馬から子供っぽいところを感じましたが、体の使い方は上手でした。まだ走り切れない段階でここまでやれたことは良かったと思います」

3着 ハピネスガッサン(吉田豊騎手)
「思っていた通り手先が軽く、気の良いタイプの馬です。押し切れる力はありますが、追っての力強さがまだありません。力がついてくればもっと粘れると思います」

4着 ハルキファイト(津村明秀騎手)
「良い感じでしたが、4コーナー過ぎに厳しくなりました。もう少し体力面で良くなればいいと思います」