【シンザン記念】(京都)~ミッキーアイルが3連勝で重賞初V [News]
2014/01/12(日) 16:40
京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は、1番人気ミッキーアイル(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒8。半馬身差の2着に2番人気ウインフルブルームが、3馬身半差の3着に5番人気タガノグランパがそれぞれ入線。

ミッキーアイルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母スターアイル(母の父Rock of Gibraltar)。通算成績は4戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 ミッキーアイル 浜中俊騎手
「スタートが本当に上手な馬で、楽に主導権をとることができました。ラチに頼るところがあるので、それをムチで矯正しながらのレース。距離が延びてどうかというところはわかりません。ただ、今回勝つことによって、使いたいレースを使う準備ができました。今年もいい馬に乗せていただいたので勝つことができました。期待に応えることができてよかったです」

音無秀孝調教師のコメント
「中3週は初めてで、そのぶんイレ込みがあったようです。最後は差を詰められましたね。その点は少し気になります。このあとは間隔をあけて、ニュージーランドTからNHKマイルCを目標にします」

2着 ウインフルブルーム 和田竜二騎手
「いつもよりスタートが出ませんでした。でも、最後はよく差を詰めています。直線は左にモタれて、まっすぐ走れないところもありました。ただ、以前よりゆったりと走れるようになりました。距離は延びても大丈夫だと思います」

3着 タガノグランパ 北村友一騎手
「ゲートを出てすぐに行きたがる面を見せましたが、そのあとすぐ折り合いがつきました。リズムよく走って、終いはしっかりしていました。3コーナーの下り坂から徐々にエンジンがかかり、直線は最後まで脚を使ってくれました。上位2頭は強かったですが、この馬もいいところを見せてくれました」

4着 ワイレアワヒネ 池添謙一騎手
「初めて乗りましたが、馬格もあって力強い馬ですね。牝馬らしくない感じでした。いい馬です。まだまだよくなりそうですし、これから楽しみな馬です」