【ジャニュアリーS】(中山)~スノードラゴン 差し切りV [News]
2014/01/06(月) 18:10
中山11Rのジャニュアリーステークス(4歳上オープン、ハンデ、ダート1200m)は2番人気スノードラゴン(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(良)。1馬身1/4差2着に7番人気トキノエクセレント、さらにクビ差で3着に1番人気スイートジュエリーが入った。

スノードラゴンは美浦・高木登厩舎の6歳牡馬で、父アドマイヤコジーン、母マイネカプリース(母の父タヤスツヨシ)。通算成績は29戦7勝となった。

~レース後のコメント~
1着 スノードラゴン(大野騎手)
「前走では少しハミを噛んでしまいました。攻め馬でも最初から噛んでしまうくらいの馬なのです。今日は落ち着いていました。折り合い重視で、道中のオンとオフをハッキリさせるように乗りました。やはり今日のように脚をためる競馬が合っています。次は根岸Sというプランもあるようですが、問題ないと思います。勝って賞金が加算出来て、今後のためにも良かったです」

2着 トキノエクセレント(三浦騎手)
「理想的な競馬が出来ました」

3着 スイートジュエリー(戸崎騎手)
「結果的に先頭に立ったのが少し早かったかもしれません。乗りやすい馬で上手に走っていました。いい馬です」

4着 タイセイファントム(ブノワ騎手)
「勝ち馬をマークしてレースを進めました。最後はすごくいい脚を使ってくれました。前に行こう、前に行こうとする馬で、気性が前向きな馬です」

6着 マルカバッケン(田中勝騎手)
「勝てるかなと思うところもありましたが、もう一つ伸びがありませんでした。反応はしているのですが、ジワジワとした伸びでした」