【メトロポリタンS】(東京)ゴールドギアが後方一気でまとめて差し切り5勝目 [News]
2021/05/08(土) 16:28
東京10Rのメトロポリタンステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝2400m)は4番人気ゴールドギア(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分24秒5(良)。クビ差の2着に1番人気パルティアーモ、さらにハナ差の3着に3番人気ディアマンミノルが入った。

ゴールドギアは美浦・伊藤圭三厩舎の6歳牡馬で、父ロードカナロア、母ギンザボナンザ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は28戦5勝。

レース後のコメント

1着 ゴールドギア(田辺裕信騎手)
「急かさずじっくりと運びました。4コーナーでは前が射程圏に入っていました。最後踏ん張れたのは調子が良かったからだと思います」

2着 パルティアーモ(C.ルメール騎手)
「精一杯走って、頑張ってくれました。スタミナがあります」

3着 ディアマンミノル(荻野極騎手)
「スタートはいつものように後ろからになりました。前半は急かさずに乗って、エンジンのかかりが遅い馬ですが、直線では良い反応を見せてくれました」

5着 バレリオ(横山武史騎手)
「枠が良かったですし、行く馬もいなかったのでこの競馬を選びました。頑張っていますがもうワンパンチが欲しいですね」