【桜花賞】美浦レポート ホウオウイクセル(丸田騎手) [News]
2021/04/07(水) 14:06
4月11日(日)に阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(GI)に出走予定のホウオウイクセル(牝3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)について、追い切り後の丸田恭介騎手のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りについて)
「中2週で競馬ということで、疲れとか体調の変化を見ながら感触を確かめました。乗ってみて思った以上に疲れのない走りだったので安心しました」

(常にコンビを組んできた馬で、桜花賞へ臨む気持ちは?)
「続けて同じ馬に乗せてもらえる事は嬉しいですし、その馬で桜花賞へ臨めるのは感謝ですね」

(前走を振り返って)
「オーナーにとっても、調教師にとっても初めての重賞になりますし、勝つ事ができて良かったです。外枠でしたが、内の方は掘れてはいましたが、走りやすいと思ったので、徐々に内に進路を取って進んでいきました。フェアリーステークスでも好走していましたが、一つ重賞を勝てて桜花賞に臨めるのは大きかったと思います」

(レースに向けて、どんなイメージで臨むつもりですか?)
「真面目でテンションの上がりやすいところとか、落ち着きという点が鍵になってくるのかなと思います。レースに関しては、しっかりスタートを決めて、そこからポジションは考えていこうと思っています。今からポジションを決めるのではなく、馬場の状態や当日のレースを見て決めていきたいと思っています」

(馬の成長については)
「真面目な馬ではありましたが、初戦の頃は、進みっぷりが、少し悪かったり、ゲートの出が遅いイメージもありましたが、その辺がどんどんと洗練されてきました。乗り味で言えば、華奢な馬ではありますが、バネがあって良いなと感じています」

(枠順や展開については)
「ペースもありますし、具体的なポジションは今から決めずに、レースの流れで走りたいです」

(道悪の馬場になるとどうですか?)
「前回は、内の掘れたところを上手に走っていましたし、その辺の不安はありません」

(クラシック桜花賞に臨む気持ちは?)
「騎手を続けている以上は、GIに勝ちたいという気持ちをもって競馬に臨んでいる訳ですが、こうして続けて乗せて貰ってきた馬で、GIに来られた事が嬉しいですし、期待に応えたいです」

(取材:木和田篤)