【桜花賞】美浦レポート サトノレイナス(国枝調教師) [News]
2021/04/07(水) 13:54
4月11日(日)に阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(GI)に出走予定のサトノレイナス(牝3歳、美浦・国枝厩舎)について、追い切り後の国枝栄調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の追い切りについて)
「ウッドチップコースで、先行するダイワクンナナを追いかけて、内から並んでいきました。ジョッキーには最後の手応えを確かめてもらいました。先週も乗ってもらい、感触を確かめてもらいましたが、今週は輸送もありますし、オーバーワークにならないようにしました。良い動きだったと思います。ルメール騎手も凄く良い動きだったと喜んでくれました。馬も落ち着いていて、先週に比べても反応も良かったようです」

(間隔を空けて今年初戦が桜花賞ですが)
「利口な馬ですし、暮れに同じ舞台で走って場所もわかっていますし、兄のサトノフラッグは、反応がもうひとつの所がありましたが、こちらは女馬で反応の良い馬ですから、間が空いても十分に乗り込んでいますし、問題ないと思います」

(前走ハナ差負けの2着でした)
「抜けたと思ったらハナ差負けで、やはり本質的には距離がもう少し必要かなと思いますが、ルメール騎手も前回乗って、いろいろな事を把握してくれていると思います。馬も同じ舞台で今度は、もう少し反応してくれると思います」

(前走以降の馬の成長は?)
「牧場から戻ってきて、ひと回り大きくなって、力強い感じでした。精神的にもゆったりしているので、レースに向かって余裕のある雰囲気で迎えられると思います」

(レースのポイントは?)
「基本的には、ジュベナイルフィリーズと同じようなレースをしてくれればと思っています。スタートして、それなりの位置で終いの脚を使ってくれればと思います。ただ、今回2度目なので、動きは素軽くなるのかなと、反応は良くなるのかなと思います。スタートは決めて欲しいですね。あとは、エンジンを掛けてある程度の位置につけて欲しいと思っています。競馬が流れてくれて、前が詰まることもなく、この前は直線内を割ってきましたが、外へ出して追い込んでくるのが一番だと思っています。枠は真ん中の偶数枠が良いですかね」

(馬場については?)
「基本的には、良い馬場で走らせたいですね。まだ先のある馬ですし、タイトルを取って先に行けたらなと思っています」

(取材:木和田篤)