【桜花賞】美浦レポート アカイトリノムスメ(横山武史騎手) [News]
2021/04/07(水) 13:38
4月11日(日)に阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(GI)に出走予定のアカイトリノムスメ(牝3歳、美浦・国枝厩舎)について、追い切り後の横山武史騎手のコメントは以下の通り。

(赤松賞以来の騎乗ですが、この馬にはどんな印象を持っていますか?)
「レース映像を見て2戦目は強い勝ち方でしたし、血統も良い馬で楽しみにしていました。赤松賞では、3コーナーからゴールまで、左に張る仕草を見せていましたが、それでもしっかりと勝ち切ってくれて、能力の高い馬だという印象を持っています。クイーンカップは戸崎騎手が騎乗していましたが、スタートはいまひとつも、二の脚で良い位置を取って4コーナーでも自ら動いて突き抜けてきたので、改めて強い馬だと思いました」

(GIにチャレンジする訳ですが)
「この馬は、後ろから差し切るタイプではないので、それなりのポジションは欲しいと思っています」

(毎週阪神は雨が降っていますが)
「馬場が硬くなるより、少し緩くなった方が良いのかなと思っています」

(右回りは初めてですが)
「1週前の追い切りでは、少し左に張るところはありましたが、すぐに修正できました。調教でも右回りは普通に走っているので心配していません」

(お母さんのアパパネの印象は?)
「3冠馬アパパネは、子供の時に走っていたのは覚えています。その子供に乗れるというのは嬉しいですし、有難いと思っています」

(GI桜花賞に向けて)
「これだけの有力馬に乗せてもらえるので、それなりの結果を求められていると思います。また、それに応えるのが、僕の仕事だと思います」

(取材:木和田篤)