【淀屋橋S】(阪神)ビオグラフィーが好位から脚を伸ばし最後は抜け出してOP入り [News]
2021/04/04(日) 16:10
阪神10Rの淀屋橋ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1200m)は4番人気ビオグラフィー(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒1(稍重)。1馬身差の2着に1番人気サウンドカナロア、さらにハナ差の3着に3番人気クリノアリエルが入った。

ビオグラフィーは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牝馬で、父ロードカナロア、母チアズメッセージ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦4勝。

レース後のコメント
1着 ビオグラフィー(藤岡康太騎手)
「上手にスタートを切ってくれましたが、周りが速くて、無理せず好位から行きました。馬場が悪くても気持ちを切らさず走ってくれました。抜け出せたのは今後に向けて良い勝ち方だったと思います」

2着 サウンドカナロア(岩田望来騎手)
「良い感じで行けましたが、3~4コーナーをもう少しスムーズに入れたら良かったです。この馬場でよく走っています」

3着 クリノアリエル(藤岡佑介騎手)
「緩い馬場があまり良いと思えませんが、道中はハミを取れていましたし、狭い所を割ってよく伸びています。安定しています」