【山吹賞】(中山)アオイショーが直線大外から鮮やかに差し切る [News]
2021/04/04(日) 15:49
中山9Rの山吹賞(3歳1勝クラス・芝2200m)は2番人気アオイショー(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒8(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気シャイニングライト、さらに半馬身差の3着に1番人気テンバガーが入った。

アオイショーは美浦・中舘英二厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母スイチョウカ(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 アオイショー(石橋脩騎手)
「厩舎も自分自身も期待している馬。ウォーミングアップの時から、馬が良くなっているのを感じました。今日は外が伸びる馬場だったので、焦らずに外に出せれば勝てると思っていました」

2着 シャイニングライト(横山典弘騎手)
「前走乗った時に良い馬だと思っていました。今日は自分の判断で、ゆっくりソロッと後ろから行きました。これだけ走ってくれてびっくりしました」

3着 テンバガー(M.デムーロ騎手)
「前走は最後ジリジリと伸びていたので、期待していましたが、今日は先頭に立つとソラを使って、思ったほど伸びてくれませんでした。若さが残っています」

4着 ゲンパチリベロ(津村明秀騎手)
「道中はスムーズに運べました。まだ緩いので、4コーナーからの動き出しがもうひとつでした。力がついてくればその点も解消してくると思います」