【三木ホースランドパークJS】(阪神)グローブシアターが堂々と逃げ切る [News]
2021/04/03(土) 15:05
阪神8Rの三木ホースランドパークジャンプステークス(障害4歳以上オープン・芝3140m)は2番人気グローブシアター(高田潤騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分26秒8(良)。3馬身半差の2着に1番人気ケイティクレバー、さらに大差の3着に5番人気ホシルミエールが入った。

グローブシアターは栗東・辻野泰之厩舎の7歳牡馬で、父キングカメハメハ、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は25戦7勝。

レース後のコメント
1着 グローブシアター(高田潤騎手)
「能力があると分かっていた馬ですが集中力を欠くところがあって、今回はブリンカーを試してみようということと、逃げることもこのタイミングで試してみても、という指示がありました。思い切って行って、飛びもバネがあって良いのですが、直線は遊んでいて、突き抜けてからも追いました。良いペースで走っていますが、遊びながら走っているのが今後は課題ですね。大きいところを狙わないといけない馬なので、修正したいです」

2着 ケイティクレバー(平沢健治騎手)
「崩れずに走っています。勝ち馬がよどみなく逃げて、流れは良かったと思います。勝ち馬が結果的に強かったです。追いかけながらも3着は離していますし、地力があります」

3着 ホシルミエール(白浜雄造騎手)
「レースは上手になってきていて、飛びも良くなっています。スムーズでしたが、上位が強かったです」