【3歳1勝クラス】(中山7R)ネクストストーリーが後続の猛追を凌ぎ切る [News]
2021/04/03(土) 14:42
中山7Rの3歳1勝クラス(芝1600m)は6番人気ネクストストーリー(杉原誠人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒8(良)。半馬身差の2着に7番人気タケルジャック、さらにアタマ差の3着に1番人気ジャングルキングが入った。

ネクストストーリーは美浦・中川公成厩舎の3歳牝馬で、父ジョーカプチーノ、母パドブレ(母の父ホワイトマズル)。通算成績は6戦2勝。

レース後のコメント
1着 ネクストストーリー(杉原誠人騎手)
「前走は道悪もありましたが、揉まれてしまうと弱い印象があったので、今日は積極的に位置を取りにいきました。向正面で交わされてからも上手に走っていましたし、最後までしぶとく粘ってくれました。やっとこの馬らしさを出せました。まだまだ緩さがあって成長途上の馬ですし、これからが楽しみです」

2着 タケルジャック(津村明秀騎手)
「課題のゲートを何とか我慢してくれて、良いスタートを切れました。もう少しでしたが......。勝った馬はしぶとかったです」

3着 ジャングルキング(C.ルメール騎手)
「良いペースでしたが......。スペースが開いている時にギアが上がらず、抜け出して来られませんでした。止まってはいないのですが」

4着 スリートップキズナ(永野猛蔵騎手)
「前走はペースが遅く、引っ張るような感じになってしまったのですが、今日は道中スムーズに運べて、ラストもしっかりと脚を使ってくれました。能力のある馬です」