【春興S】(中山)伏兵フォックスクリークが積極的に逃げてそのまま押し切る [News]
2021/03/28(日) 16:25
中山10Rの春興ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1600m)は9番人気フォックスクリーク(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒3(重)。半馬身差の2着に2番人気ハーモニーマゼラン、さらに2馬身半差の3着に4番人気ラパンセソバージュが入った。

フォックスクリークは栗東・中内田充正厩舎の6歳牡馬で、父ディープインパクト、母クロウキャニオン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は16戦4勝。

レース後のコメント
1着 フォックスクリーク(内田博幸騎手)
「外に出さず内にこだわったレースをしました。パワーもあるのでこういう馬場も良かったですし、強かったです」

2着 ハーモニーマゼラン(木幡巧也騎手)
「自分の馬が一番強いと思って横綱相撲で自信を持って乗りました。馬場の良い外を選んで走りましたが、勝ち馬に上手く乗られました」

3着 ラパンセソバージュ(大野拓弥騎手)
「連闘でしたが、先週もこういう馬場で勝っていますから、上手でした」

4着 インテンスライト(菊沢一樹騎手)
「このクラスでも通用することが分かって良かったです。欲を言うと自分の形で競馬ができたら良かったですが、2番手でも我慢して最後まで頑張っています」