【御堂筋S】(阪神)ディアマンミノルが直線馬群の内から鮮やかに差し切りOP入り [News]
2021/03/28(日) 16:02
阪神10Rの御堂筋ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2400m)は6番人気ディアマンミノル(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分27秒0(稍重)。1馬身半差の2着に2番人気モズナガレボシ、さらにクビ差の3着に10番人気ヒシゲッコウが入った。

ディアマンミノルは栗東・本田優厩舎の4歳牡馬で、父オルフェーヴル、母イソノスワロー(母の父デヒア)。通算成績は14戦4勝。

レース後のコメント
1着 ディアマンミノル(荻野極騎手)
「こういう馬場も苦にしないだろうと思っていました。上手に走っていましたし、最後は本当に良い脚を使ってくれました」

2着 モズナガレボシ(西村淳也騎手)
「完璧に、ロスなく、すごく良い感じで乗れましたが、あんな風に内からこられるとは思っていませんでした。ショックです」

3着 ヒシゲッコウ(藤井勘一郎騎手)
「元々力のある馬です。レース前に、最近集中力を欠くところがある、と聞いていましたが、今日は手応え良く運べました」

6着 リリーピュアハート(岩田望来騎手)
「今日は馬場が良くなかったですし、競馬でもスムーズでないところがあり、それがこたえました」