【すみれS】(阪神)ディープモンスターが圧倒的人気に応えてオープン勝ち [News]
2021/02/28(日) 17:45
阪神10Rのすみれステークス(3歳オープン・リステッド・芝2200m)は1番人気ディープモンスター(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒4(良)。2馬身半差の2着に2番人気グロリアムンディ、さらに半馬身差の3着に6番人気モンテディオが入った。

ディープモンスターは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ(母の父Bellamy Road)。通算成績は4戦3勝。

レース後のコメント

1着 ディープモンスター(武豊騎手)
「3勝目ができてほっとしました。これでクラシックは賞金的に大丈夫でしょう。ただレースは若さが残る内容でした。落鉄が見つかったのは幸騎手のファインプレーでした。ゲートでよれたことは大したことではありません」

2着 グロリアムンディ(福永祐一騎手)
「スタートは良いのですが、前走のように促して行くと骨格的にハミにもたれてしまいます。現状はこういう形が一番いいですね。終いは伸びてくれていますし、力はある馬なので整ってくればですね」

3着 モンテディオ(池添謙一騎手)
「未勝利を勝ち上がったばかりですが、上手に走ってくれました。ステッキにも反応してくれました。これから使いながら良くなってきそうです」

4着 セファーラジエル(北村友一騎手)
「スタミナはありそうですが、力むところがありますからね。そのあたりが抜けてくればと思います」

5着 エスコバル(川田将雅騎手)
「4コーナーの雰囲気は勝てそうな感じだったのですが、まだまだ体が幼いですからね。ただ背中の良い馬なので将来的に走ってくると思います」