【デイジー賞】(中山)ルースが早め押し切り接戦を制す [News]
2021/02/28(日) 17:35
中山9Rのデイジー賞(3歳1勝クラス・牝馬・芝1800m)は3番人気ルース(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒6(良)。クビ差の2着に4番人気シゲルオテンバ、さらにハナ差の3着に1番人気エイシンチラーが入った。

ルースは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牝馬で、父ドゥラメンテ、母ヤマカツマリリン(母の父グラスワンダー)。通算成績は7戦2勝。

レース後のコメント

1着 ルース(横山武史騎手)
「前回のレースで動きたいときに動けない形になって、この馬の力を発揮させることができませんでした。今日は同じミスをしないように心がけて乗りました。着差は小さいかも知れませんが強い内容でした」

2着 シゲルオテンバ(三浦皇成騎手)
「今日はゲートも上手く出てくれました。状態も良く直線ではよく頑張ってくれました。まだトモに力がつききっておらず、コーナーで勝ち馬に遅れた分、ゴールでの差になりました。ここに来て力をつけています」

3着 エイシンチラー(M.デムーロ騎手)
「逃げて勝っている馬なのでスタートで前に出して行ったのですが、行く馬がいたので下がる形になりました。遅い流れで早めに動いて行ったのですが、馬が少し焦るような感じで手前を替えたりして最後は疲れました。今回のレースが良い経験になると思います」

5着 ダノンシュネラ(C.ルメール騎手)
「流れがスローで伸び切れませんでした。直線では頭を上げる感じになって頑張ることができませんでした」