【中山記念】(中山)ヒシイグアスが人気に応え重賞を連勝 [News]
2021/02/28(日) 17:20
中山11Rの第95回中山記念(4歳以上GII・芝1800m)は1番人気ヒシイグアス(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒9(良)。クビ差の2着に5番人気ケイデンスコール、さらに半馬身差の3着に7番人気ウインイクシードが入った。

ヒシイグアスは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ラリズ(母の父Bernstein)。通算成績は11戦6勝。

レース後のコメント

1着 ヒシイグアス(松山弘平騎手)
「前も飛ばしている中、しっかりと良いポジションでついて行こうと思っていました。道中も良いリズムで直線に向いても手応え十分でした。内から抜けてくる馬がいましたが、しっかりと勝ち切ってくれました。乗るたびに馬も良くなっていて、厩舎もしっかりと仕上げてくれています。まだまだこれからの馬ですし、もっと強いレースができるよう頑張りたいです」

3着 ウインイクシード(横山武史騎手)
「最後までよく頑張って走ってくれました。できれば賞金を加算しておきたかったです」

4着 ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)
「レースの流れにまかせて思った通りのレースはできました。あと1秒遅い流れなら脚も溜まって、もっといい脚が使えたと思います」

6着 コスモカレンドゥラ(柴田大知騎手)
「行き脚がつかず後方からのレースになりました。それでも最後は脚をしっかり使いました。こういうレースができたのは収穫です」

7着 パンサラッサ(三浦皇成騎手)
「ゲートで躓いて後方からのレースになりました。後ろからのレースにも対応はしているのですが、いつものように前の位置でレースができていれば結果は違ったと思います」