【下関S】(小倉)ウォーターエデンが馬場の真ん中から鋭く伸び4勝目 [News]
2021/02/28(日) 16:37
小倉11Rの下関ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1200m)は4番人気ウォーターエデン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒7(稍重)。半馬身差の2着に5番人気ニシノドレッシー、さらにアタマ差の3着に2番人気クリノアリエルが入った。

ウォーターエデンは栗東・岡田稲男厩舎の5歳牝馬で、父ハービンジャー、母クロスウォーター2(母の父Storm Cat)。通算成績は23戦4勝。

レース後のコメント

1着 ウォーターエデン(浜中俊騎手)
「今日のような馬場も合うようで、ハンデの53キロも良かったと思います。狙った通りの競馬ができました。うまく条件が噛み合ったレースでした」

2着 ニシノドレッシー(勝浦正樹騎手)
「状態が上向いて、ハンデも軽くレースでも上手く行けました。今日は何とかなったと思ったのですが...」

4着 メリーメーキング(熊沢重文騎手)
「初めて乗りましたが良い馬です。切れ味勝負では分が悪いようです。それでも最後までしぶとく走っていました」

5着 メイショウミモザ(鮫島克駿騎手)
「ゲートの中での体勢が悪く、スタートで立ち遅れました。しかしレースのペースを考えると、もう一列ポジションは後ろでも良かったかもしれません」